BLOG

Picture book

APR 23, 2o2o
Picture book

”絵本”


4月の後半からそうですが、5月もギャラリーをアポイント制にしました。
お客様と直接お話しする機会がなかなかなくて寂しいのですが、
この際なので、少しずつストックスペースなどを片付けようとしているところです。

もともとデザイナーの自宅だったアトリエとギャラリーには、個人的な荷物もあちこちにあり、
前々からひょっこり出てきた私物にスタッフが「野田さん片付け分」と紙を貼ってくれたりしていたのですが、(笑)
後回しにしていた私物の片付けにも、少しずつ着手しているところです。

ギャラリーの見えないところには、とにかく本がたくさんあって、
服飾の参考本やライフスタイルの本、手芸本や古い装苑などなど、出てくる出てくる。
不要な本は少しずつ処分したりしていたのですが、ある日、絵本がいろいろ出てきました。
娘や息子が小さい時に一緒に読んでいた本で、あまりに懐かしくて、
ついつい手がとまって眺めてしまって、なかなか進みません。(笑)
まだ字が読めない頃は、読んであげては子供たちが復唱するのが面白くて、
寝る前に2冊くらい読むのが日課だったのを思い出しました。
仕事で忙しかった夜、眠いのを堪えながら、
もう1冊〜〜とせがまれると「まだ寝ないの〜〜」と悩ましかったりしましたが、
今思うと、そんな時期が貴重だったんだなと、大きくなった子供たちを見ると思います。

いろんな絵本を読んできて、どれも私は好きな本ばかりでしたが、
五味太郎さんの「きんぎょがにげた」は、子供たちもお気に入りでした。
子供は何度も読んでわかってても、どこにきんぎょがかくれているのかを見つけると大騒ぎして、
でもそのお決まりのようなやりとりすらも楽しかった気がします。

ちょうど今月のはじめに、そういうタイミングだったこともあって、
たまたま見つけた五味太郎さんのコラムを読んでいたのですが、
こういう面白い方が書いているんだもの、それは面白いはずだなあ なんて思ったりしていました。
このコラム、読んだ方も多いかしら。もしよろしければぜひ。

五味太郎さん 不安定との向き合い方

片付けも進めます。はい。

hitorigoto