BLOG

What is a weed?

MAY 22, 2o21
What is a weed?

What is a weed? A plant whose virtues have not yet been discovered.
”雑草とは何か?その美点がまだ発見されていない植物である。”

この言葉はアメリカの哲学者Ralph Waldo Emersonの言葉。雑草をどう捉えるか、人によって違うことを表しているような気がして、気に入った言葉です。最近の楽しみは、アトリエの周りの土に自生した雑草やいろんな草花と共存するように、新たな苗を植えていくこと。

雑草と呼ばれるものに今まで以上に興味が湧いて、名前を知らなかった小さな花や、公園や道端の見たことのない草花を見ては、これなんだっけと調べたり。せっかくすくすくと育っている、雑草や前の住人の方が植えたのだろうと思われる草花を生かしたまま、新たにどんな植物を植えようかなど、仕事の合間にぼんやりと窓から外を眺めている時間が格別です。

もともと出張先でも緑が多い場所や公園に行くのが好きだったし、海も好きだけれどどっちに行く?と聞かれたら、山に行きたくなってしまう方。年齢のせいなのか、以前より一層、緑に囲まれたいという気持ちが増してきている気がします。そして今のアトリエに越してきたから、というのは大きなきっかけかもしれません。

こんな情勢の中の引越しは少々背伸びだった気もするし、耳を澄ませて自分の中から聞こえてくることを拠り所にすると、まだ現実とのギャップに戸惑ったり。不要な情報を可能な限り遮断して、自分を穏やかにしようと心がけていても、まだまだ乱れてしまうことも多々あります。そんな時に緑を見ていると、ざわざわと波立ったものが少しずつ落ち着いてくる気がするから、余計に緑に触れたくなるのだろうな、と思います。

先日は、ハーブと、多年草の小さな花をメインにいろいろと植えてみました。あと少しだけ野菜も。夏に収穫して、みんなで食べたいなあ。



レースラベンダーも。隣の自生していたユリがかなり背高のっぽになったから、バランス見てもう少し増やそうかと考え中。



ハーブ数種。スタンダードなバジルとローズマリーとカモミール。なぜか色の違うものを植えたくなってダスティーミラーを入れて、見えてないけど奥に紫蘇とミントを。植えたばかりだけどわさわさした紫蘇を見て、もう収穫していいの?と聞いてきたMちゃん…。笑 もちろんOKです。



hitorigoto update 05.12